「血管若返り3箇条」

 

 

 

 

たった1週間で最大15歳も若返り!?「血管若返り3箇条」…専門医に学ぶ!「血管年齢」老ける原因と若返らせる方法

 

<血管年齢を若く保つポイント「野菜中心の食事」>
野菜に含まれる食物繊維は、摂り過ぎた糖分や脂肪を排出してくれるため、血管年齢を若く保つのにとても大切だそうです。なかでも、先生オススメの食材は「トマト」。体内で作られる活性酸素は過剰になると血管壁を傷つけ血管の老化に繋がってしまいますが、トマトに含まれるリコピンには活性酸素を除去する抗酸化作用があり、血管の老化を防ぐ働きがあるそうです。

<野菜中心の食事でも血管年齢が高くなる意外な落とし穴>
先生によると、野菜中心の食事でも、動物性たんぱく質に含まれるアミノ酸が不足していると血管を老けさせる可能性があるそうです。アミノ酸は、私達の血管や細胞を形成するのに必要な成分の1つ。そのなかには「必須アミノ酸」と言って人間の身体の中では作れないアミノ酸があり、動物性たんぱく質の中にはそれがすべて含まれているのだとか。同じたんぱく質でも植物性の場合含まれていない必須アミノ酸があるため、食事は野菜を中心に肉や魚をバランスよく取り入れる事が大切だそうです。

<夜遅い食事が血管を老けさせる!?>
夕食の時間が遅くなると、どうしても就寝までの時間が短くなります。すると、エネルギーが消費しきれず糖分やコレステロールが増え、血管を老けさせる原因になるのだとか。先生曰く、眠りにつく2〜3時間前には食事を終えておくのが理想的。食事内容はもちろん、食べる時間も注意しましょう。

 

<血管若返りにオススメの食材は「サバ缶」!>
サバなどの青魚に豊富な「EPA」は、血液中の善玉コレステロールを活性化させ、悪玉コレステロールの上昇を抑えたり、プラークを除去したりして血管を若返らせる効果が期待できるそうです。ただし、青魚に含まれるEPAは火を通す時など空気に触れてしまうと酸化が進み効力が薄れてしまうのだとか。その点缶詰は生魚を缶に入れて調理するため、酸化が起こりにくく効率よくEPAを摂取できるそうです。

 

<先生オススメ!座ったままできる「かかと上げ下げ運動」>
▼椅子に座った状態でかかとを繰り返し上げ下げする
▼1セット30回 1日3セットを目標に行いましょう

<血管若返り3箇条>
(1)サバを週3回食事に取り入れる
(2)かかと上げ下げ運動1日3セット
(3)就寝1〜2時間前に入浴

 

・・・・・・・・・・・・・

 

すわっ!!

サバ缶買いに行きますわよー!!!

 

 

 

 

長岡市 かりや歯科医院 WEBスタッフりかこ ₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

 

・・・・・・・・・・・・・

診察内容・診察の流れはこちら

アクセス・診療時間はこちら

院長・医院紹介

よくある質問

 

診察予約は、このページの一番下の

【診察をネット予約】ボタン、またはお電話からどうぞ。

※緊急性を考慮し、ネット予約よりも電話予約を優先する場合があります。

お急ぎの場合は、電話での予約が確実です。

・・・・・・・・・・・・・

 

当院ツイッター 院長のつぶやき

(時折りかこもつぶやいてます)

 

 

・・・・・・・・・・・・・

*かりや歯科医院は長岡市の歯医者・小児歯科です*

(長岡市 川崎周辺の歯医者さん。ネット予約可能|痛くない治療、小児歯科、親知らずの抜歯など。開院以来毎日努力を積み重ね、長岡の乳幼児から高齢の方まで全世代の患者さまに安心の治療を続けています。)

関連記事

  1. かりや歯科医院 公式|長岡川崎の歯医者 痛くないよう細心の注意を払い治療しています ネット予約対応

    ル・レクチェをいただきました

  2. 「未来の食」を目指して

  3. VR用超小型HMD

  4. “パスポートのいらない英国”でイギリス風ハロウィンはいかが?…

  5. 六本木ヒルズ ハロウィンパレード

  6. 高校生が開発

PAGE TOP