「ツリーにする木はモミの木の畑に自分で切りに行く」

 

<ドイツの家庭では生木のクリスマスツリーを飾るのがいまも一般的だが、使用後のツリーは1月には廃棄されてしまう。そこで木を再利用するエコフレンドリーなサービスを考えたスタートアップ企業が出現したが…>

ドイツではほとんどの家で生木のクリスマスツリーを飾る。12月に入った頃から街のそこここに1メートルから3メートルほどのモミの木を販売する仮設店舗が作られる。

https://www.newsweekjapan.jp/stories/woman/2018/12/2000-1.php

またドイツには「ツリーにする木はモミの木の畑に自分で切りに行く」という風習も根強くある。

どの都市の郊外にも大抵、クリスマスツリー用のモミの木を植えた畑がいくつもあり、クリスマスの1カ月ほど前からクリスマスイブ頃まで、一般客向けに開放される。

客は入り口でノコギリを貸してもらい、枝ぶりと大きさを吟味しながら好みの1本を見つけ出して、根元から切るというセルフサービス方式。サイズに応じて料金を払い、専用のツリー梱包機械に通して運びやすくしてもらって、自宅まで運ぶ。木の根を切り、乾燥した室内におくと葉が落ちやすいのでクリスマスの直前に購入する人が多い。

 

例えはドイツ最大級のツリー畑を持つ北ドイツ、ヴェンツェンドルフのエルカース農場では、毎年 25 万本のツリー用の針葉樹を栽培、出荷している。ここは首相官邸にもツリーを納めているが、最も人気のある 1.5~2メートルのツリーになるまでには 10 年近くの年月がかかるという。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・

 

木はすごい!

ありがたいですね。

全力で自然と共生させて頂きたいものです。

 

長岡市 かりや歯科医院 WEBスタッフりかこ ₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

 

・・・・・・・・・・・・・

診察内容・診察の流れはこちら

アクセス・診療時間はこちら

院長・医院紹介

よくある質問

 

診察予約は、このページの一番下の

【診察をネット予約】ボタン、またはお電話からどうぞ。

※緊急性を考慮し、ネット予約よりも電話予約を優先する場合があります。

お急ぎの場合は、電話での予約が確実です。

・・・・・・・・・・・・・

 

当院ツイッター 院長のつぶやき

(時折りかこもつぶやいてます)

 

 

・・・・・・・・・・・・・

*かりや歯科医院は長岡市の歯医者・小児歯科です*

(長岡市 川崎周辺の歯医者さん。ネット予約可能|痛くない治療、小児歯科、親知らずの抜歯など。開院以来毎日努力を積み重ね、長岡の乳幼児から高齢の方まで全世代の患者さまに安心の治療を続けています。)

関連記事

  1. 妙な立ち位置ゆえに異彩を放っている

  2. ここまでとどろいている

  3. グリークヨーグルト

  4. 北海道の地名はだいたいアイヌ語

  5. 「コンドル」と言われたとき

  6. 食育&運動

PAGE TOP