作品作りで五感を刺激し脳の活性化

 

芸術療法とはどのようなもの
作品作りで五感を刺激し、脳を活性化させます

 

絵画療法とも呼ばれ、絵や粘土細工などの表現手段を利用し、精神状態に働きかける治療法です。芸術療法の歴史は古く、1942年にイギリスで始まったとされています。これまでさまざまな疾患の治療に利用されてきましたが、近年では認知症患者のリハビリテーションにも用いられるようになりました。

芸術療法の表現手段は、絵画・粘土細工・陶芸・彫刻・写真・連句・詩歌・俳句・自由画・心理劇・ダンスなど、さまざまです。言葉では表現しにくい情緒や願望、幻想などを自分の好きな方法を通して表現することで、不安を解消したり、感情を解放したりすることができます。

芸術療法では、完成した作品の良し悪しよりも、絵を描き、作品を作るプロセスを楽しむことが重要です。またたとえばりんごを描くならば、現物を見るだけでなく手で触って形を確かめ、香りを嗅ぎ、味わってみるなど五感を使って脳を刺激し、りんごにまつわる昔のことや楽しかったときのことを回想したり話したりすることで、より効果が出やすくなります。
本人の関心のある分野を選んでもらい、自分のペースで作業をしてもらうようにするといいでしょう。
さらに出来上がった作品を鑑賞して周囲が評価し、本人に自信をつけてもらうことも効果的です。

/////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

 

 

かりや歯科医院 スタッフりかこ ₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

 

・・・・・・・・・・・・・

 

診察内容・診察の流れはこちら

 

アクセス・診療時間はこちら

 

院長・医院紹介

 

よくある質問

 

診察予約は、このページの下の

WEB予約ボタン、またはお電話からどうぞ。

 

※緊急性を考慮し、WEB予約よりも電話予約を優先する場合があります。

お急ぎの場合は、電話での予約が確実です。

 

 

かりや歯科医院は長岡市の歯医者・小児歯科です。

 

長岡市川崎周辺の歯医者さん。WEBからも予約可能|痛みの少ない治療、小児歯科、親知らずの抜歯など。開院以来毎日努力を積み重ね、長岡の乳幼児から高齢の方まで全世代の患者さまに安心の治療を続けています。

PAGE TOP